受験当日の服装について

11.27

入試間近になると、受講生の方から「入試の日はどんな服装でいけばいいの?」と言う質問をされることが多くなります。
実際には、どんな服でも構わないのですが、とはいえ、服装で目立つのも気恥ずかしく、なんとなく他の受験生と同じような服装で落ち着きたいところだと思います。

男女ともスーツが主流

実際の入試会場では、スーツ姿が主流です。特に大学生の場合はリクルートスーツが多いと聞きます。
しかし、それなりにちゃんとしている服装であれば、かっちりしたスーツでなくても構いません。
上下揃いのスーツでなくても、ジャケットを着用する、夏場の入試の場合ならTシャツではなくて襟のあるシャツを着るということぐらいを基準に考えればよいかと思います。
逆に、Tシャツや、トレーナー、ジーパンは避けた方が無難かもしれませんね。(もちろん、Tシャツ短パンビーサンで合格した人もいますから、NGというわけではないです)

また、入試が筆記と面接で2日かけてやる大学院の場合ですと、筆記試験の日は体が楽な普段着で、面接の日はスーツで行くという受験生が多いようです。

いずれにしても、服装で合格することも、服装で不合格になることもありません。
万が一、受験会場で「あれ?私の服装ちょっと目立ってる?」となったとしても、動揺せずに落ち着いて受験に臨んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

心理系大学院受験対策塾プロロゴスブログ
ページ上部へ戻る