『新・心理学の基礎知識 (有斐閣ブックス)』

11.05

私が大学院受験をした10年以上前の受験バイブルと言われていたのが、有斐閣から出版されていた『心理学の基礎知識』。
心理学史から基礎心理学、応用心理学まで幅広く網羅し、1問1答形式で非常に役に立つ本でしたが、その当時から若干古臭い部分もありました。
新・心理学の基礎知識 (有斐閣ブックス)』では、以前のよさはそのままに、最新の研究動向を踏まえて内容を刷新したものです。

内容が高度な部分もありますので、志望校によってはここまで必要ありませんが、ハイレベルな国公立や私立の大学院を受験する方は、この本は必須です。
1問につき見開き2ページで解説が書いてありますが、さらにそれを自分なりにまとめて勉強するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

心理系大学院受験対策塾プロロゴスブログ
ページ上部へ戻る