先行研究論文まとめ用シート(pdfファイル)

10.20

研究計画書作成に役立つ先行研究のまとめ方という記事を以前書きましたが、実際に先行研究をまとめるためのシートを作成しましたので、プリントアウトして使ってください。(まとめシートはこの記事の一番最後にあります。)

まとめシートはこんな感じです。

先行研究まとめシート

簡単に使い方を説明します。
論文一本につき、このまとめシート1枚に概要をまとめてください。
1.論文タイトル・著者・掲載雑誌
これは論文に書いてあるとおり書き写すだけです。掲載雑誌は、雑誌名だけでなく、出版年やページ数まで書いておきましょう。あとで、研究計画書の中で、参考文献を書く際に役に立ちます。
2.キーワード
自分で後で見て役に立つようなキーワードを3つ程度書いてください。論文によっては、キーワードが書いてあるものもあります。その場合は、そのキーワードをそのまま書き写すだけでおいいですが、自分なりのキーワードでも構いません。

3.研究の目的

3〰5行程度でこの論文の目的をまとめましょう。研究の目的はだいたい論文の最初の方に書いてあります。「〇〇と〇〇の関連を調べる」「〇〇が〇〇に対する効果を調べる」など研究の目的はまとめてみるとそれほど多くはありません。しっかり要点を絞って研究目的を書いてください。

4.研究方法

どのような研究方法を使ったのか、研究対象者は誰で何人か、質問紙検査の場合どんな質問紙を使用したか、そして、研究の手続きは何かをまとめます。研究方法をまとめることは、自分の研究の方法を考える時の参考になります。
5.研究結果
研究結果は、統計を用いて詳細に分析していることが多いですが、あくまでも自分が後で見て分かるように書いておきましょう。箇条書きで書くのをおすすめします。
6.考察
その論文で著者が述べている考察をまとめてください。研究の反省点や今後の展望などが書いてありますが、それはその時点ではまだ明らかにされていない点ということでもあります。このあたりにも研究テーマを考えるヒントが落ちていますので、気になったポイントだけでもまとめておきましょう。

7.論文を読んだ感想
ここは自分が考えたことです。論文のこういう点に疑問を持った、ここが自分の研究に使えそうなど、思ったことを自由に書いてください。

例えば、「この研究は面接法でやっているけれど、調査法でやればもっと実証的に研究できるのではないか」とか「この研究の研究対象は中学生だけど、質問紙を変えて大学生にも応用できるではないか」など、自分の研究だったら…ということを考えて書いてみてください。

まとめシートは、ダウンロードして使ってくださいね。
↓↓↓
研究計画作成用先行研究まとめシート(PDFファイル)

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

心理系大学院受験対策塾プロロゴスブログ
ページ上部へ戻る